HILOブログ

動脈と静脈

リンパとは?

全身のリンパ管のイメージ

循環器系は、おおきく3つに分かれています。

(1)血液系:血液の循環する心臓と血管系
(2)リンパが毛細リンパ管から静脈に流れ込むリンパ管系
(3)リンパ節からなるリンパ系

心臓から送り出される血液を全身の隅々まで運ぶ血管が動脈、
一方、静脈は、二酸化炭素や老廃物を受け取りながら、細静脈から大静脈になり、心臓に戻る血管です。

リンパ管は毛細リンパ管網という細い管から始まります。これはリンパ管、リンパ節につながり、胸管という太いリンパ管に合流して首の下方の静脈に合流します。
動脈と静脈リンパ管

リンパは、全身の臓器や組織のすきまにあって、ゆっくり流れている無色のたんぱく質とリンパ球を多く含んだ液体です。

リンパ節は濾過器の役割を果たすので、リンパ系の中に入った細菌やガン細胞・異物が、リンパ節で捕獲されます。リンパ節はしばしば細菌とのたたかいのために炎症を起こしますが、それはこのようにして、からだのあちこちで炎症が起こることを防いでいるためなんです。

リンパ系は、人体になくてはならない、とても大切な役割を果たしています!

関連記事

  1. 全身に分布しているリンパ節
  2. リンパ管
  3. リンパマッサージ
  4. 女性ハート
  5. 女性ハート
  6. 皮膚とリンパ管
PAGE TOP