HILOブログ

香り

香りを感じる仕組み

香りを感じる仕組み

普段、私たちはどのように香りを嗅いでいるか ご存知ですか?
香りを感じる仕組み
におい物質をキャッチする嗅毛が、鼻の奥にあります。

1.におい物質は、特別な粘膜:嗅上皮に溶け込みます
2.嗅細胞は、電気信号を発生します
3.電気信号は、嗅神経→嗅球→大脳辺縁系→視床下部へと伝達します

嗅覚を除いて、感覚・意識・運動の中枢は
「視床」と呼ばれているエリアですが、

脳内の「視床下部」と呼ばれているエリアは、
内臓・血圧・体温・ホルモンの調整など
本能行動の中枢で、
自律神経の中枢でもあります。

五感の中でも、嗅覚は自律神経に直接作用するので
ホルモンバランス等を直接、調整する効果が非常に高く
嗅覚の情報は、理性よりも前に感情を起こします。

「香料」というのは化学的に合成
もしくは抽出された化学物質です。
実は、ちまたの香り成分のほとんどが
人工なんです。

その香料が原因で、
頭痛や吐き気、喘息、鼻炎など
健康障害が起きています。

そこで、エステサロンHILOでは
成分に「香料」が含まれていない化粧品
を取り扱っています。

HILOオンラインショップ

関連記事

  1. 防災の日
  2. 防腐剤に対するイメージ
  3. ミネラルファンデーション
  4. 100%天然オーガニック化粧品
  5. 水素吸入
  6. 化粧品の基礎知識
PAGE TOP